fc2ブログ

R4 ファーム ㊺ 里芋の本掘り・帛乙女の適応性

 
 今年大半を帛乙女を植えるにあたり 種芋を 親芋の大・中・小と2個づつ 子芋はその列に大きい
順に植えて どんな違いが出るかを見る事にしていた
先ずは生育の時点での違い R4 ファーム ㉛ で書いた 

今年は梅雨に大して雨が降らず 私の地域全体で育ちの遅さがあり お盆の台風通過以降 雨がよく
降り 持ち直して育った状態 
灯油ポリでの水遣りは 梅雨に降る雨を補える物でなく 茎葉は他の畑より一回り大きくなったが
土の中の状態は大して変わらなかったかもしれない なので試し掘りでは土垂れが今一な感じだった
帛乙女の方は大した問題が無くいい感じに思えた

4・45-1

 12日 一週間以上雨が降らず 畑の土が乾き掘るにはいい状態 茎葉の枯れ具合からも掘り時だ
翌日は天候が不安定で雨が降るかもしれない予報で風も強いようだ なので 収穫から穴を掘っての
保存までしなくてはならない 午前中は仕事 昼食をとって直ぐに畑へ行った

4・45-2

 種芋が子芋の小さい方から順に掘っていく 試し掘りの時と変わらず 数が付かないがいいサイズ
のを掘りだしていく中 突如として親芋が大きいのだが 子芋が5個しか付いていないのが出てきた
その後も 芋の株としても YouTubeで見た本場の物とは一回り小さいのばかりで 子芋の中で大きい
のを種芋にしたのも大差ない

昨年は もう少し実付きがいいのが多かった やはり梅雨の雨の少なさが影響したのか

4・45-3

 いい実の付き具合のもあるのだが これは種芋が小以外で脇芽が伸び 茎が2~3本育った物

YouTubeで見た本場の状況でも気になっていたのが 茎が4~5本あるのが掘られていた事
脇芽は切らないと小さい実になるという事で一部は切っていたが そのまま伸ばしていたのが
いい実付きをしている傾向があった

R4 ファーム ㉛ でも書いたが 土垂れと違い脇芽が大して出ない帛乙女 殆ど孫芋が実のらない
のもあり この品種は脇芽を切らない方がいいかもしれない

4・45-4

 種芋が親芋を使ったのは 試し掘りと同様 大小係わらず 丸芋系とは思えない形ばかり

これは植えた後 色々調べていた中で見つけた記述だったのだが 里芋の親芋を翌年に直ぐには種芋
として利用しない方がいい
という事
子芋が土地への適応性を継承していくので 数年は子芋を植えていく事によって適応性を高めていか
ないと駄目
なようだ

土垂れは 地元の農家の方から余ったのを頂いた物なので こういう問題が起こらなかったが
帛乙女は 新潟のお米農家ら頂いた物 適応させないと親芋には異形が生るのかもしれない

知り合いの里芋農家さんから聞いた話でも 優れた実りの株の子芋を種芋として使う事により 受け
継がれれば 同じように優れた実りになる
との事

思えば子芋は 大きさ重視で種芋として選んだので 数が付かなかったのは 実付きの悪い株の中の
1個だったかもしれない なので 善し悪しが明確に分かれたと推測出来る

よって来春まで埋めて保存し 種芋としても使うのは いい実りで大きいサイズのが付いている株を
選んだ
 またその中で種芋を選び検証していこう

4・45-5

 こちらは株ごと抜いた タケノコ芋  根がやたら多いのです

4・45-6

 バラしたのがこちら 一つの茎を剥くと芋がある 左端に見えるが子芋の様に付いた物もある

今年の傾向は 一つ大きいのがあり他は小さめ これは畑仲間も同じようだ

4・45-65

 昨年収穫したのが上画像 違いは明確ですね 
これが天候によるものだとしたら 帛乙女の件のひとつも同じかもしれない

帛乙女が数が付かないので 総収穫量が少なくなるのは織り込み済みだが 思った以上に付きが悪かった
しかし 土垂れの育ちの悪さからすれば 帛乙女の実の大きさは満足 今までにない屑芋の少なさだった
ので まぁいい収穫だと言えるだろう ^^

4・45-7

 春先までの保存の 以降の画像は毎年同じようなもの 
どのように埋めたか 掘り起こしのための覚えです (^^;

約50センチ手前で赤土に当たり 水が溜まらぬよう60センチまで掘って50センチまで戻す

4・45-8

 もみ殻を敷いてからネットを置き 茎を下にして並べる  
いいサイズの芋ばかりなので より春先が待ち遠しくなりますね

4・45-9

 ネットで包んで もみ殻を入れ 目印の支柱を立ててから埋める

4・45-10

 掘った穴に雨水が入り込まぬよう 穴より広く土を盛って そこにブルーシートを敷き 波板を
置いて飛ばない様に馬糞堆肥を詰めた袋を載せる

これで今年の大仕事は全て終了 来春まで軽作業のみです いやぁ~ 疲れました



にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村






スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

お疲れさまでした。

こんばんはw
収穫と保存作業、ご苦労様でした。
保存の仕方、すごくしっかりしてますねw
私は大根とヤーコンくらいしか保存したことないですが、
それもかなり適当な穴の掘り方だったので、反省…。
(それでヤーコンは腐らせたことがあります…。)
こんくらいしっかりやってあれば、安心ですね!

きくちゃん

 畑へ行くと あれもやっておこう これもやっておこうと 本来やる予定のが おろそかになるので
全て終わって良かったです (^^;

畑仲間が皆しっかりやられているので おのずとやるようになりました
それに 春先掘り出して腐っていたら やたら後悔するタイプなのでね (^^ゞ
ここまでやれば 何かあっても諦めがつくので 毎年頑張ってます

No title

立派な芋が入ってよかったですね。
私はダメでした。
子芋の出来が悪いので、来年は親芋を種芋にします。
今年は土を掘っていけず、ビニール袋に包み、
家の中に置いてみようと思っています。
サツマイモの保存と同じ状態にしてみようと思っています。

fukuchan さん

 駄目だったのは残念でしたね
私の方も いつもの土垂れがメインだったら サイズが小さいのばかりだったかもしれません
家の中での種芋保存は 乾きすぎなければ大丈夫のようですね
来年は異常な天候にならない事を願いたいです

No title

収穫、保存お疲れ様でした。
私も里芋を埋めますが、この前それが終わり、同じく力仕事の終了を感じました。
昨年から、里芋は何株か茎を切り掘らずに藁を被せ、シートを被せてその上に少し土を載せてます。
埋めるよりは楽かなって感じですが、、
こちらは、60日の白菜、大根の収穫が最盛期、ブロッコリーも収穫始め、最近青虫になった気分です(笑)

ホゴ丸さん

 ありがとさんです^^
その保存法 スペースが広ければやりたいですね~
それなら必要な時に必要な分のみを掘れるし 変に乾かずにすみますもんね
私もサニーレタスを大きい葉のみの収穫をし始め 追いかけっこ状態になりつつあります
とそれプラス カブが収穫期を迎え 大変(^^;