FC2ブログ

R2 ファーム㉔ キュウリ (カネコ交配 風神)


 中途半端な調べで 品種や育て方で摘芯・整枝が違うのに以前栽培していた「地這え節なり」
の品種の時と同じようにやってしまったが問題なく順調に育っている
その時の様子はこちら  R2 ファーム⑰ 

例年 梅雨時に発症していたウドンコ病は 風神 の特性である強さで一葉もない
地這え栽培用の品種ではないが 雨による葉への泥跳ねも問題ないようだ

今年はこの品種に賭け 3苗あれば十分な収穫が見込めると思った通り茎葉の広がりは順調で
7月に入ってからは ほぼ毎日 3~5本の収穫が出来ている

24-1.jpg

 これまでにやった事は茎葉が重ならないよう誘導したり どうしても重なるのは除去した
それと根本近い古い葉や いい所に脇芽が出たら日が当たる様に葉を取り除いた

少し角度が違うけど同じ所から撮ったのが下画像 二週間程で 新しい茎葉で覆われる
収穫が始まってからは 二週間に一度 二握り 米ぬかボカシ を根周りに撒き生育を助ける

 Before
24-2.jpg

 After
24-3.jpg

 キュウリを生らすのに敷き藁などはしない 直接地べたに生らしている
それでも接地面が腐ることはなく たまに皮の一部を何かしらの虫に齧られたりする事もあるが
スライサーで剥けば無くなる程度で中までやられるは無い

24-4.jpg

 地這え栽培ならではの現象だが 土に接して日を浴びていない所が黄色いです
下画像は たまたま雨で土が崩れ 半分ほど埋もれていたせいで顕著に表れている

    土の上で生らす 表面が黄色い = 病気

と思う方が多い スーパーで売っているのでは こんなの見た事がないから仕方がない事ですけどね
生育方や キュウリって 黄色い瓜 なんだよと説明して納得し興味を持った方にはあげられるが
怪訝そうな顔をしている方には無理ですね 贈答には気を使います

逆に
  地這え栽培!? これって美味しいんだよね~ もう最近では見た事ないし食べられない
  キュウリに甘さがあるって今の人は分からないよね ^^ 昔は・・・

と目を輝かせ私のつたない説明以上に よく知っていて喜んで頂ける方も居る

24-5.jpg

 キュウリの収穫サイズは 6月末までは下画像の一番上の小さめ(プラ箱内寸 26.5センチ)
花芽が多く勢いが良さそうな苗は それ以降は標準サイズ 20~22センチ (下画像一番上以外)

24-6.jpg

 今日 7日からは私独自の地ばい栽培ならではの基準 25~28センチで収穫する
標準サイズを収穫せず翌日にすると このサイズとなる
1日置いて一回り大きくなるって事は苗がしっかりしていい状態になったという事です
逆に大きくならないとキュウリ自体も旨くないので また一週間程 標準サイズで収穫して
苗自体を成長させる

24-7.jpg

 日照時間が短い山間の畑では 何だかの理由で大きく育ててから収穫する所もあるそうだが
それとは違います このサイズが一番美味しいのです

畑仲間も一緒で彼曰く キュウリの表面に しわ があるのはまだ未成熟 だそうだ^^

24-8.jpg

 上画像のは 太さ長さが申し分ない理想形です
下画像の半分に切った断面の色艶 黄色というか黄緑の発色が成熟したキュウリですね

24-9.jpg

 地這え栽培だと少し位強い風でも 太い幹を Uの字の針金で固定している事もあり 先の方が
よれる事はありますが持ちこたえます
また ここ数年の酷暑でも地面に這って葉が広がっているので 地温が上がらず 乾燥も抑えます

数日に一度の水遣りは焼け石に水とはならず 吊るし栽培のキュウリが弱っていく中 青々と
広がる地這え栽培のキュウリには感動さえ覚えましたね

24-10.jpg

 毎朝 畑へ寄って収穫してから出社し キュウリに着いた泥を水流のみで洗い流し ラップに
包んで常温保存しておくのが日課です 自営業だと多少の遅刻は問題ありません^^

24-12.jpg

 そうそう^^ 昼食や休憩の時に食べられるよう 切って塩をふり冷蔵庫へ
暑い時には 冷やしたキュウリですね~ (^^♪

24-11.jpg

 夜のお酒のお供には お一人様用に深底 細長のタッパーで作った糠床で漬物です
水を混ぜるだけで糠床が出来るのがあるのですが 無糖のヨーグルトで溶いたのを半分作り
混ぜると早めにいい感じの漬かりになります

今年は 何本収穫できるか数える事にしました 途中で忘れないようにする事が課題ですがね ^^;

 7月7日現在 52本


 備考:
   ここに書いた事は 風神を栽培するのにお勧めの方法という事で書いた訳ではありません
  私は色々調べたけれど それでも浅はかな知識で栽培して上手くいっただけの事です
  本来は やってはいけない事もあるかもしれません 悪しからず m(__)m




にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村









スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

きゅうりは大好きです。「キュウリに甘さがある」これ同感です。
八百屋で買ってくるものは、瑞々しいのですが、固いばかりで味がないものです。
甘さなどとうの昔になくなっていました。地植えのものはおいしいでしょうね。

No title

はじめまして。葉っぱがまぶしいくらい青々としていてうらやましいです。農薬を定期的にまかれているのでしょうか?私のきゅうりは、最近虫の被害にあって元気がありません。ついこの間までいい感じだったんですけどねぇ。

kamakurawake さん

 いつからなんでしょうね 生産性・流通性を重視し値段を安くするために味を犠牲にしていますね
その分 品種でカバーしていると思うのですがね
良くなった品種を地這え栽培するから よけい美味しいんじゃないかと思っています

まぁ 栽培する側からしたら敷地を広く使わなきゃならないし 葉で隠れているキュウリを
探さなきゃならないのは効率悪過ぎですけどね

No title

地ばいキュウリが最高に旨いです。
私は小さなうちに取りきれるものは、嫁に普通に調理してもらい
大きくなったものは、100パーセント私しか食べない漬物にして食べます。
知る人ぞ知る地ばいキュウリのを食べたら、普通のキュウリは味気ないです。ただ人にあげると黄色いのが腐ってると
勘違いされるのでわかってる人にしか上げません。
マリン・ブルーさんのきゅうりは葉色がいいです。私のは最近雨の灌水多く元気が無くなりだしました。
もうきゅうり3回目の苗がぼちぼち植えられます。来週、最終種まきです

笑子さん

初めまして コメントありがとうございます
農薬は定植する時と摘芯した時・その後芽があちらこちら伸びてきた時の 3回のみです
地域や周りの環境によっても害虫の被害状況が違うと思いますが こちらではウリハムシが多いです
畑仲間は 2~3週間に一度 農薬を撒いていますね そのお陰で少なくなったのかな
私はひたすら見つけたら手で潰したり飛んで逃げるのは板で叩き落としています ^^;

何に喰われているのか特定して それに合う農薬をきちんと計って希釈して葉の裏表しっかり撒いて
様子を見た方が良いかもしれませんね

昨年秋 厄介者のお隣さんが葉野菜に青虫を飼っているんじゃないかと思う程 酷い状態で放置したせいで
こちらが農薬を撒いても入り込んで来る青虫で被害にあいました
三方囲まれたお隣に こんな奴がいる場合は どうにもなりませんけどね

ホゴ丸さん

 何よりもホゴ丸さんからコメントが来たのでホッとしています
こちらでのニュースでは九州南北ともに集中豪雨で悲惨な状況が放送されてましたからね

地這え栽培でのキュウリは知る人ぞ知るになってしまいましたね
最初 腐っているんじゃない!? って言われた時はショックでしたよ ^^;
そちらは雨の量が尋常じゃないから茎葉が伸びる前に弱ってしまいますね
もう 3回目の苗ですかぁ こちらの地域の様に 5月定植で 7月いっぱい持たすのは難しいのでしょうね
私の所は今週末 後植えのキュウリを定植する予定です 

また雨が強まる予報ですね これ以上 九州の被害が拡大しない事を祈っています
ホゴ丸さんもご家族共に身の安全を!

No title

 こんばんは~

 キュウリ、美味しそうですねェ。
これだけ取れれば
かなりいろいろ作れそう。
地這いだと風にも強いですよね。
うちは風で引き倒されて以来、
収穫がピタッと止まっちゃいました(´Å`;;)トホホォ・・・

クリケットさん

 3苗でも 昨日は 15本とまとまって採れる時は大変で
毎年 引き取りをお願いしている所に頼っています

流石に台風級は厳しいですがね
ありゃりゃ これからって時に止まっちゃいましたか
今年も異常気象ですから例年以上に補強が必要となりますね

回答ありがとうございます。

なるほど。勉強になりました。きゅうりを育てるのは今回で2回目です。次回はマリンブルーさんの回答を参考に定植する時に薬を使うようにしたいと思います。ウリハムシを板で退治する?? 動画を見たい・・・(笑)

笑子さん

 週末はネット環境の無い所にいるので返事が遅れる事をご理解ください

参考になれば幸いです^^
家庭菜園だからこそ農薬はなるべく使いたくありませんが実りが悪くなるのでは元も子もありません
苗がしっかりし実りが始まるまでは最低限の散布は仕方ないと思っています
ウリハムシは逃げるのが上手いんですよ ^^; 結構ムキになっている姿は笑えるかも