fc2ブログ

キンメについて。

 時間があれば、私がブログをUPすると間違えがないか見てくれていた師匠
今年は仕事の異動により忙しくなり、毎回チェックして貰えなくなった。
それでも、時間のある時に まとめ見 してくれている。

そんな中、師匠が目に留まったのは BREEZE さんのブログ
「ボートでも、キンメを狙っている人が居るんだね~」と前回の釣行の帰路に話になった。
コメントの中で「とても美味しかった」との書き込みに

師匠 「そりゃ 美味しい訳だよ あれはアブラキンメだからなぁ」と、続けて私に
    「見て分からなかったのか?」
私  「 え!? (*_*; 分からんかった・・・」 
師匠 「(;一_一 何年深場釣りをしてるんだよ~」
私  「見比べるものがあれば分かったかもしれないけど・・・」

その時の画像がコレ ↓    BREEZEさんの所から転載しました。



 帰宅後早速見直したよ。
やはり1尾のみでは判別が今一、自分が釣ったキンメと比較して分かった (^^ゞ

自分のブログをUPしていたので、BREEZE さんへ遅ればせながら報告
BREEZEさんから判別方法を聞かれたが、私自身がこんな状態だから どう説明したらいいやら・・・
深場釣りをやっているのに、明確なお答えを出せなく情けない (o_ _)o

師匠に、どう説明したらいいかなと助けを求めたら 過去の画像を探して比べて見れるようにするのが一番良いと思うとの事。
過去の画像は、PCが故障した時に全て消失 (T_T)
自分のブログに載せた画像から探した。

そんな中、BREEZE さんが次釣行をUP
その時の画像が ↓



 左の一番上と一番下 右の下2尾が、アブラキンメの様なのだが・・・
そんなに釣れるものじゃないと聞いていたので自信が無い
すると師匠から携帯で見たようで、メールにてアブラキンメだと確認
そんなに釣れるものなのかと聞いた所
「型は小さいけど、某海域には結構多いものだよ」との事でした。
良型のサイズが滅多に釣れないようです。
 

さて、自分のブログから探した画像でも比較して見ましょう



 ちなみに「アブラキンメ」は、和名では「フウセンキンメ」と言います。 検索する場合は、和名にて。

上画像 上2尾が、アブラキンメ 下1尾が、本キンメです。
大きな差というと、体系自体  体高があるのと、腹から尾の付け根にかけてのシルエットが違いますね。
それと鼻っ柱と言ったらいいか、口の近辺の違いなのですが。


本キンメのみの画像は ↓ コレです。



 色の違いは、釣ったばかりだと背の部分意外はシルバーピンクなのです
海から手繰り上げる時に見える、この綺麗なシルバーピンクの色の輝きがなんとも言えないんですよ^^
風にさらしたり潮氷で絞めたりすると、全体が赤くなるんですよ。


 で! もう1種類 「イタキンメ」ってのがいます ↓   和名では、「ナンヨウキンメ」



 体高があるという事だけだとアブラキンメと勘違いしそうですが、イタキンメは全体が丸い感じで何よりも身が薄いのが特徴で分かり易いです。 食味は大判のウチワサイズなら美味いのですが、肉厚が薄いために小さいサイズだと両者よりも劣ります。

比較画像 ↓  右下が、イタキンメです。



 判別し易い画像がありませんでしたが、今後釣れた時に色々な角度から撮ってみたいなと思っています。
キンメ釣りをやっているのだから、なんとなく分かるのではなくしっかり説明出来なくちゃね

今回は、いい勉強になりました。
BREEZE さん、良い切掛け及び画像の転載をさせて頂きありがとうございました <m(__)m>



追加:コバさんのアドバイスで並べてみました。





スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

No title

昨日は連絡が遅くなりましたm(__)m

おお~、こうやってきちんと見比べると違いが分かり易いですね~。
お尻から尾のラインが特徴つかみ易いですね。
色々教えていただいて参考になります!

アブラキンメは個体数少ないのですか?そういう意味では私は運が良いようです♪

No title

BREEZE さん。
こちらこそ、お陰様で勉強になりました^^

良型サイズのアブラキンメは、なかなか釣れないようです
大きくなったら、何処へ行くのでしょうね

No title

お疲れさんでした~
こうやってみるとわかりやすいね♪

でも、ナンヨウキンメとフウセンキンメって区別しにくい?

No title

コバさん。
ありがとさんです!

>ナンヨウキンメとフウセンキンメって区別しにくい?
いやいや、「体高がある」という言葉だけで説明するとです。
ナンヨウキンメは、見れば直ぐ分かりますね。

No title

ナンヨウ(イタキンメ)はわかりやすいですが、アブラキンメ(フウセンキンメ)と本キンメはやっぱり難しいですね~(^^;
「遊遊さかな大図鑑」によると後鼻孔の形で見分けるとありますが、これとて微妙な違いです。。。
後鼻孔=溝状=本キンメ
後鼻孔=楕円刑=アブラキンメ
次回からよ~~く見比べることにします!ポチっ!

No title

マリンさん凄げ~ですよ。
確かによく見れば、本キンメとアブラキンメでは顔もシルエットも違います。イタキンメは明らかに体が違うし(驚)
味もアブラ→本キンメ→イタキンメなんですね。しっかり頭に叩き込んでおきます。これからの釣りのためにヘヘヘ(^_^;)
しかし、マリンさんの師匠は鋭いですね。頼れる兄貴って感じですよ(^^)

No title

げげっ!面白いですね~。
キンメは個性的な顔つきのものが多いんだな~なんて思っていたら別の種類だったんですね。
味も違うなんて、深場の本命はアブラキンメにしなくっちゃ!^^

No title

なんちゃん。
いろんなのを参考にして自分なりに判断できるのを探さないとね
今度釣れたら写真を撮りまくらなくちゃ^^

No title

トモゾーさんも深場釣りに足を踏み入れちゃうのかな^^

師匠みたいに観察能力の高く、細かい所に気が付く人は今まで会ったことがありませんね。
ほんと頼りになります。

No title

悠久丸さんも深場釣りに^^
釣れる場所や個体差によっても脂乗りが違いますね
まずは1尾釣って食べたら ウッヒッヒやめられませんよ~

No title

う~ん、難しいですね~。キンメは普段こちらではお目にかからないお魚ですし・・・

いろいろと違いってありますしね!

わからない魚が釣れたらWEBお魚図鑑で調べてます(笑)

No title

ゴマさん。
地域によっても魚名が変わるので難しいですよね

基本?は、「その魚が食べられるか」「美味しいのか」ですね^^

No title

(*^・ェ・)ノ コソチャ♪
凄いですね~こんなに種類がいるとは~知りませんでした!
勉強になりました!ところで~味は、やっぱりホンキンメが
美味しいのですかね!

No title

cat*pac*70* さん。
アブラキンメを食べた事がないので分かりませんが、今の所 新島沖で釣ったキンメダイが一番ですね^^

No title

(*^・ェ・)ノ コソチャ♪
新島沖のキンメは~ブランドですからね~!
最高でしょうね!やってみたいですが~道具・・・

No title

いやー参考になりました。一度キンメに出会ってもこれはあぶらだって言えるようになりましたね。しかし僕もこれだけ真鯛を釣っていて思うのは、まだいの中にも3種類いるような気がしています。
体こうや、尾の長さ、おでこの形・・・別種のような気がしています。

No title

cat*pac*70* さん。
レンタルしてくれる船宿があるそうですよ^^

No title

飛竜丸さん。
BREEZEさんの更新した記事に、皆さんが見分けをしているコメントを見るとブログにアップして良かったなぁと思います。

同じ魚でも、釣れた時期もあるでしょうけど違うように見えますね

No title

ありがとうございます。良くわかりました。

No title

m a s a y a さん。
そのお言葉が、嬉しい限りです^^